SDGsへの取り組み

三陽工業のSDGsへの取り組み
三陽工業は「いつもお客様の起点に立ち、通信用等ケーブル類・同加工品・組立装置品などの開発・製造・販売し、持続的な収益を確保することにより企業価値を高め、社員の生活の安定・維持をはかり、地域社会と環境保全に貢献をする。」を経営理念とし、経済・社会・環境に配慮した責任ある企業活動にSYKグループ全体で取り組むことで、SDGsの達成に貢献します。

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。 SDGsは17のゴール・169のターゲットから構成され、発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本政府としても積極的に取り組んでいます。
〜地球の気温上昇1.5℃以下に〜  Project 2050 “0”
三陽工業はヤマシナの目指す「2050年にCO2排出量正味ゼロ」を、ヤマシナグループの一員として、SDGs達成に貢献するための取り組みを進めることで、未来に対する責任を果たすべく、この目標に取り組んでまいります。
  • 再生可能エネルギーへの転換検討推進により、環境保全と経済成長の両立を目指す
  • 不適合品、スクラップの削減により、廃棄物・原材料・消費エネルギーとこれらの生成時に発生するCO2の削減に貢献する
  • 分別処理による産業廃棄物量の削減
  • 工場緑地の整備による樹木保護
  • 工場周辺地域の清掃・美化活動





すべての人のすばらしい未来と豊かな生活に貢献する
三陽工業の「環境・品質に対する取り組み」は、そのままSDGsの取り組みと重なる部分が非常に多く、従業員がやりがいを持って仕事に取り組める環境改善への取り組みはもちろんですが、地域社会への貢献をはじめとして、三陽工業の企業活動を通じてすべての人が幸せになるような未来社会の実現に貢献していきます。

  • IT環境の整備による在宅ワークの実現
  • 従業員の健康診断の実地及びストレスチェック等によるメンタルヘルスケアの実施
  • 改善提案制度の活性化による製品企画、業務改善の推進
  • 資格取得制度の導入や従業員の自己啓発支援
  • 女性も活躍できる就業機会の提供
  • ハラスメント防止・解決のための相談窓口の設置
  • 年次有給休暇の取得促進、長時間労働の抑止と働きやすい就業形態の整備
  • 障がい者の方が仕事ができる環境づくりのための就労施設への支援
  • 紛争鉱物の不使用
  • 地元コミュニティ等への積極的参加やお手伝





ESGを意識した企業活動の推進
Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)を意識した持続可能かつ具体的な目標を掲げることで、事業領域の拡大つなげ、三陽工業における事業のサステナビリティ(持続可能性)の向上に努めることで、将来的にSDGsの目標達成の実現にも貢献します

【E(環境)】 環境マニュアルの継続遵守と全社環境目標の達成(ISO14001)
【S(社会)】 品質マニュアルの継続遵守と全社品質目標の達成(ISO9001)
働き方改革、労働安全衛生に注力した従業員の労働環境の整備と健康増進
【G(企業統治)】 リスク管理とコンプライアンス遵守による社内ガバナンス強化の推進
   
  • RoHS指令※に完全準拠したものづくり
    ※電子・電気機器によって環境や人体に影響を与えないよう特定有害物質の使用を規制するため欧州連合(EU)が2006年に施行した指令
  • 環境法規制に準じた自主監視、維持管理の継続
  • 一般廃棄物量の削減